Grease

解説・注意事項

1.仕様温度によるグリース選定の基準

トラブルの状態 考える点 対策・お奨めするグリース
荷重のかかる潤滑箇所の焼付きや摩耗が多い。 極圧グリースを使っていますか。 極圧性の優れたニグタイトLE、LM、ニグルーブEP-2Kをご使用下さい。
振動や衝撃荷重が大きく、グリースが漏れやすい構造になっていませんか。
高温
  1. 潤滑箇所の軸受などに固形物が溜まりやすく摩耗が多い。
  2. 給脂回数を多くしないと焼付きが起こる。
  3. 漏れたグリースで製品が汚れる。
固形物の原因は何か。 非石けん基系のニグルーブHT、KCグリースをご使用下さい。
高温にさらされて漏れやすいグリースを使っていませんか。
グリースが長持ちせず、焼付きが起こる。 カルシウムグリースや、ナトリウムグリースのような並級品を使っていませんか。 ニグルーブMP-DXのようなリチウムグリース、ニグエースUのようなウレアグリースをご使用下さい。
基油粘度の低いグリースを使っていませんか。
ホイールベアリングのグリースが漏れやすい。 漏れやすいグリースを使っていませんか。 ホイールベアリング専用のニグルーブMP-DX、BDXをご使用下さい。
ギヤオイルの混入がありませんか。
配管や分配弁がつまる。(集中給油の場合) 油分離の多いグリースを使っていませんか。 配管抵抗の少ない、圧送性の良いサンルーブオートSをご使用下さい。
ごみの混入はありませんか。
接続部、配管に油にじみがありませんか。
グリースの給脂がスムーズですか。
低温始動性が悪い。 一般のころがり軸受用グリースを使っていませんか。 低温特性の優れたニグタイトLTSをご使用下さい。

注)グリースの詰め過ぎはトラブルの原因になりやすいのでご注意下さい。

仕様温度によるグリース選定の基準

2.グリースのできるまで

3.グリースの種類

グリースは、一般に増ちょう剤(おもに金属石けん)の種類によって分類されます。
その主な種類と一般的な特徴を示すと下表の通りです。

グリースの種類 カルシウム
石けん基
グリース
リチウム
石けん基
グリース
ウレア
グリース
その他の非石けん基グリース
鉱油 合成油
通称名 カップ
グリース
リチウム
グリース
ウレア
グリース
外 観 半固体 半固体 半固体 半固体 半固体
滴点(℃) 90 ~190 200以上 200以上
耐水性 良好 良好 良好 良好 良好
耐熱性 不適 優秀 優秀 特に優秀 特に優秀
機械的安定性 良好 良好 良好 良好 良好
主な用途 一般平軸受、
水ポンプ軸受
(水と接するようなところ)
万能型、
ころがり軸受、
平軸受
万能型、
ころがり軸受、
平軸受
万能型、
ころがり軸受
(高温用)
ころがり軸受、
高温
代表的弊社
グリース名
  • カートリッジシャシー
  • ニグルーブMP-DX
  • ゴールドグリース
  • ニグタイトLE
  • ニグルーブRX-2
  • ニグルーブCP
  • ニグルーブEP-K
  • スプレーグリース
  • ニグエースHT-DX
  • ニグエースWR-S
  • ニグエースU
  • ニグエースWR-L
  • ウレアスプレーグリース
  • ニグルーブHT
  • ニグロイヤル
  • KCグリース

4.グリースの一般的な選択一覧

グリース 増ちょう剤の種類 基油の粘度 ちょう度
潤滑箇所 Ca Na Li 非石けん
ベントン ウレア
軸受 すべり            
ころがり            
温度        
   
         
運転条件 回転数
(dn値)
       
   
荷重          
   
潤滑方法 カップ  
プレッシャーガン    
集中給油      

5.グリースのちょう度の測り方

グリースのちょう度の測定方法は、JIS規格 K2220-7.5 により円すい(質量102.5±0.05g)を保持具(質量47.5±0.05g)と共に 試料中に垂直に5.0±0.1秒間進入させた後、針入深さを10倍します。

6.グリースのちょう度と状態

グリースのちょう度は一般に NLGIちょう度で表わされます。JIS規格 もこれに準拠しています。

NLGI No. 混和ちょう度 状態
000 445 ~ 475 流動状
00 400 ~ 430
0 355 ~ 385 軟らかい
1 310 ~ 340 やや軟らかい
2 265 ~ 295 普通
3 220 ~ 250 やや硬い
4 175 ~ 205 硬い
5 130 ~ 160 非常に硬い
6 85 ~ 115
TOP